引越作業中です

【311イベント報告】食べてつながる!続けられる支援のカタチ

今回の311イベントでは食品ブースが8ブース出展されました。
震災前からその土地の名産だったものや、震災後あらたに販売され、復興の足掛かりにしようと発売されたものなど、来場者のお腹をと心を満たしてくれました。

【肉厚で歯ごたえしっかり!三陸のワカメ】
3つの団体がワカメをPRし、販売しました。
「七ヶ浜復興研究会なならぼ」さん、「七隈っ隊」さん、そして「みらい南三陸」さんです。







福岡から参加の七隈っ隊のブースではワカメをしゃぶしゃぶで提供し、多くのお客さんが殺到しました。
また、みらい南三陸仮設住宅のお母さん達が立ち上げたNPOで、今回は石巻の味噌とのコラボでお味噌汁として提供され、来場者の身体を温めていました。今後のご注文も電話で受け付け中です→【みらい南三陸ワカメ注文方法】

【雇用を生み出す無添加カレー、石巻の復興牡蠣、愛情たっぷりたらこご飯】
石巻鈍つけめん「しろひげ」さんからは新商品の無添加カレーが販売されました。今後しろひげの看板メニューとしてデビューさせる試作品で今回のお客さんの反応もこれからの商品開発に役立てられるとのこと。



石巻復興かきは荻浜で採れた新鮮な牡蠣。販売経路がまだ確立していないとのことで、今回のPRを機に多くの方に知って欲しいとの願いを込めて出展されました。



石巻愛情たらこのみなとからはあつあつの白飯にたらこを乗せたシンプルなメニューでしたが、こちらも大人気でした。


【山元町のいちごつめ放題、ささかま、木の屋「石巻」水産缶詰】
山元町のいちご農家「燦燦園」からはとちおとめ100円でカップつめ放題!
お子さんにも大人気の甘いいちごでした。


燦燦園の半澤さん、いちご出荷の時の笑顔が素敵。

また、閖上ささ圭の笹かまぼこ木の屋の大和煮はどはどれも完売しました!

今回出展された商品はどれも、震災で大きなダメージを受け、徐々に前へ進み、ようやくお客様の前に出すことができたものばかりです。

ご贈答用に、お中元、お歳暮など、季節の折に触れ東北の美味しい物を大切な人に送ることもまた、今後の支援に繋がります。

ご来場いただき、お買い求めになった皆さん、引き続き応援よろしくお願いします。

1万のつながり 311から未来へ


・1万のつながりを〜311から未来へ〜報告記事

【311イベント報告】食べてつながる!続けられる支援のカタチ
【311イベント報告】お買い物で支援!心こもった手作り作品たち 
【311イベント報告】参加する、体験する、見つける!自分に合った支援のカタチ
【311イベント報告】展示ブース、ステージパフォーマンスなど


(ボランティアインフォ・大藤)