引越作業中です

神戸で関西からできる東北支援を考えるセミナーを実施しました


2012年1月7日(土)に神戸で「今からできるボランティアミィーティング -関西からできる東北支援を考える-」を開催しました。



神戸と言えば阪神大震災のあったところ。
東北にボランティアで参加されている神戸の方は多く、阪神大震災で同じ苦しみを味わった者同士だからこそできることがあるのだと思います。

東北の被災地へなかなか足を運べないけど、何か支援はしたいという方を中心に10名弱の方にお集まりいただき、関西からできる支援を一緒に考えました。

ボランティアインフォ以外にも関西を拠点に東北の支援を実施しているMotorCycleForceの尾仲さんにも登壇いただき、支援内容や被災地の現状を話していただきました。




参加者からはやはり関西から東北に行くのはなかなか厳しいので、関西からできる支援があれば嬉しいという声が多く、今まではお金での支援だったけどそれ以外にも何か支援のカタチを考えていこうということでアイデアがいくつか出ました。

イデアの1つとしてはMotorCycleForceの尾仲さんのようにすでに被災地の支援をしている方の支援をしようというアイデアがあがりました。
またそういった情報が1つのサイトでまとめて見られたり、チャリティーイベントや今回のようなセミナーのイベントカレンダーもあると嬉しいという声が。

東北支援のイベントカレンダーであればすぐにでもできそうだということで、実際にプロジェクトチームが動き出しそうな勢いです。


阪神大震災を直接経験した方々やその支援を経験がある方々からは、自分にできることをやっていくことが大切だという声が多く聞かれました。
無理をしても続かない。震災からの復興は時間がかかるから続く支援を考えていかないといけない。
体験談に基づいた意見やアイデアを聞かせていただき、逆にこちらが勉強になりました。


今後も日本各地で「今からできるボランティアミィーティング」を実施して、日本中でさまざまな支援のカタチを一緒に考えていきたいと思っています。