引越作業中です

STAND UP SUMMIT 2016に参加してきました

8月9日に東京ビックサイトで開催されたSTAND UP SUMMIT 2016の復興セッションテーブルファシリテートを実施してきました。

 

東北と東京の中学生、高校生、大学生が集い復興について考える場としてSTAND UP SUMMITは今回で3回目の開催で、ボランティアテーマのテーブルでボランティアについてみんなで考えてきました。

最初は参加してくれた学生のボランティアについて思いつく言葉をあげてもらいました。

 

f:id:volunteerinfo:20170525154502j:plain

東京の学生は募金活動やゴミ拾いなどをイメージし、東北の学生は災害ボランティアのことをイメージするような傾向が見られました。

そこに世間一般的に言われているボランティアの定義や、ボランティアインフォ北村として持ってるボランティア感などを伝えつつ、こんなボランティア活動もあるんだよという紹介や、ボランティアを続けていくために必要なことなどをお話しました。

f:id:volunteerinfo:20170525154547j:plain

その話を聞いた上で、やってみたいなと思うボランティアをあげてもらい、かつ東北からの学生には東北で是非見て欲しいところをあげてもらいました。

この2つをがっちゃんこして、STAND UP SUMMIT学生による「東北ボランティアツアー」をつくりました。

f:id:volunteerinfo:20170525154628j:plain

日帰り宮城プランでは、仙台駅から石巻へ行き、石巻焼きそばを食べつつボランティアして、最後は仙台で牛タンでしめる素敵なプラン。

宮古1泊2日コースは宮古の海鮮を堪能しまくるツアーで、浄土ヶ浜で朝日を見てそのあとボランティアする、宮古のいいところを凝縮したプランとなりました。

f:id:volunteerinfo:20170525154745j:plain

短い時間のなかでツアーを組み立てるところまでできたことはすごく良かったです!

次は実際に東京の学生がこのプランで東北に来て、地元の学生と一緒に実際の風景を見て、何ができるのかを一緒に考えて欲しいなと思います。

ボランティアインフォでは高校向けにボランティア教育プログラム(ボランティアの体験からボランティア活動を実際に企画し地域の課題解決を実施するプログラム)を提供していますが、これからの社会を担っていく高校生が今の東北というフィールドで学び、実際にアクションを起こすことはすごく重要だと思っています。

東北のことや、自分たちの町について考えるということも重要ですが、それ以上に考えたことを実際に行動にうつすということがもっともっと重要(難しいことなんだけど)。

自分で考えた課題解決をボランティア活動として実行してみる。

失敗してもいい。むしろいっぱい失敗してそこからたくさん学べばいいと思っています。

そんな中から自分の住む地域を好きになって、将来成長して地元に戻ってきてくれる方が少しでも増えることを願っています。

最後になりましたが、STAND UP SUMMIT関係者の皆さま、お誘いいただきどうもありがとうございました!

ボランティアインフォ 北村