引越作業中です

「音楽のある東北」のお手伝いをしてきました

8月30日(土)に蔵王温泉スキー場 上の台ゲレンデで行われた「音楽(おと)のある東北」。
今回は、近畿日本ツーリストさまの社員の方がボランティアとして運営に参加いただき、そのコーディネートのお手伝いをさせていただきました。

近畿日本ツーリストグループでは花いっぱい、うまいものいっぱい、なつかしさいっぱい、祭りいっぱい、
そして歌がいっぱいにあふれる「東北」の情報を全国にお届けし、
お客様ご案内することで少しでも応援になればと考えております。(中略)
東北を大人の音楽の聖地にしたいと思い、各県のいつまでも変わらない「あの場所」「あの景色」の中で、
今も心に残る「あの歌」を心ゆくまでお楽しみいただきます。
厳選したアーティストと絶好のシュチュエーションはみなさんの「あの時」を思い出させてくれるでしょう。
ぜひ、懐かしいご友人などお誘い合わせてご参加ください。”

というコンセプトで、10月末までに東北六県で開催されます。
今回の蔵王温泉スキー場の会場は、一番最初で一番大きいステージのイベントになります。




前日の29日は、19名の社員さんが駐車場のライン引きや看板立てなどの会場設営を夜まで行いました。
「どうしたら効率よくできるか?」
「車をたくさんとめてもらうためにはどうしたらいいかな?」
みなさん、積極的に活動をしていました。


 

そして、30日開催当日に運営に参加した社員さんは、東北の各支店から集まりなんと100名!
若い女性から、役職についている50代以上の方までいらっしゃいました。

当日は、定期バスから会場までの導線の案内、ツアーバス駐車場、一般駐車場、会場案内、トイレ管理、ゴミ管理、そして最後の撤収作業まで行いました。

数日前から天気予報は雨マーク…。
野外ということもあり当日までずっと天気を心配していました。
当日会場をすると土砂降りの雨!!!!みんな合羽を着ながら開演準備を行いました。
しかし…開演と同時に雨があがったんです! 
(みなさんの日ごろの行いなのでしょうか♪)



蔵王の大自然の青空のもと、たくさんのお客さんの笑顔を見ることができました。

男性を中心にステージ周りの撤収作業も行い、事故も怪我もなく、時間通りに活動を終えることができました。
役職に関係なく、みなさん様々なポジションについていただきましたが、

みなさん普段は添乗員のお仕事をされているということで、どんな場面でも臨機応変に対応し声を掛け合いながら明るく活動していたのがとても印象的でした。
普段の社内の雰囲気の良さが伝わってくるようでした。
途中雨にあたってしまい、体力的にもきつかったと思いますが本当にお疲れ様でした。


私が、普段のコーディネートさせていただく現場は、若いお客さん向けのイベントやお祭りが多いのですが、
今回のアーティストは「ひめ風!?×海援隊」ということで私の親くらいのお客さんがたくさんいらしていました。

お友達と来られている方、ご夫婦で仲良く来られている方、ツアーで参加されている方様々いらっしゃいましたが、
おじさん・おばさんと呼ばれる世代になっても最後にはスタンディングで音楽を楽しんでいて素敵だなと思いました。


イベントが終わり、私が泊まっていた宿に行くと女将さんに
「ここに泊まっていたお客さんもイベントに行っていたみたいで、すごく良かった。とおっしゃっていましたよ」
と言っていただけて私も嬉しくなりました。
このような場所でお手伝いさせていただき、ありがとうございました!

龍岩祭から2週続けての蔵王でしたが、すっかり蔵王温泉が好きになりました。

(ボランティアインフォ 田屋)