引越作業中です

「ARABAKI ROCK FEST.14」のボランティアコーディネートをしてきました!

4月26日、27日に宮城県の川崎町で行われたARABAKI ROCK FEST.14のボランティアコーディネートをしてきました!

 

ARABAKI ROCK FEST.14は10年以上開催され入場者数も4万人を超える、東北最大のロックフェスです。

1日目は25人、2日目は27人。宮城県内だけでなく、東北各地、関東から集まってくれたボランティアさんと活動してきました!

今回ARABAKI ROCK FEST.14での活動は初めてでした。入場ゲートとインフォメーションの2ポジションのコーディネートを行いました。

 

インフォメーションは、言い換えれば会場の交番です。

激しいライブの後はたくさんの忘れ物が届けられて来たり、会場内について尋ねられたり、迷子のこどももインフォメーションにきます!

「大切なものを失くしてしまって、何回もインフォメーションに尋ねに来た人が、帰りに丁寧に対応してくれて嬉しかったです。って最後の帰り際に握手をしにわざわざ来てくれたんです。」というエピソードも聞こえてきました。
1日中ばたばたと忙しいポジションですが、ボランティアのみなさんはお客さん一人ひとりに丁寧に接していました。

 
 

入場ゲートは、お客様を最初に迎える入口です。

お客様を迎えるときは「リストバンドチェックをしています!」「ご協力ありがとうございます!」「いってらっしゃーい!」

見送る時は「ありがとうございました!」「気を付けてお帰り下さい!」

などなど、その場に合った声掛けを元気にしてくれました。
 
ボランティアさんが元気に声を掛けると、お客さんからも元気にあいさつを返してくれて、とてもいい雰囲気だったと思います。

2日目の帰りは、お客様に手を振ってお見送りもしました!

お客さまからの「すごく楽しかった!ありがとう!」「お疲れ様!」「また来年!」という声とハイタッチをしている姿に、私もすごく嬉しくなりました。

 
 

当日は、桜もまだ残っており快晴で絶好のフェス日和でした!と言いたいところですが、日中は気温も20℃以上まであがり思っていた以上に暑い…

さらに、今回はキャンプ宿泊が原則だったため夜は寒い中寝なければならずに、過酷なところも多かったと思います。

しかし、夜はボランティアさんが作ってくれた芋煮をみんなで食べたり、キャンプサイトに集まったり、それぞれが空いている時間で楽しんでいて、
疲れたね。と言いながらもみんなで集まるといつも笑顔だったのがすごく印象的でした。

 


活動時間も長かったですが、ボランティアさん一人ひとりが頑張ってくれたおかげで無事終わることができました。

本当にありがとうございました!



みんなの笑顔最高です!

(ボランティアインフォ 田屋)