引越作業中です

キリンチャレンジカップのボランティアコーディネートしてきました

8月14日に利府町宮城スタジアムキリンチャレンジカップがあり、サッカー日本代表ウルグアイ代表の試合が行われました。

チケットは完売で、4万8千人のお客さんが宮城スタジアムへ足を運ぶということで、ずいぶんと前から宮城県サッカー協会さんやグランディ・21ボランティアさんとスタジアムまでのアクセスについて作戦会議を行い、JR利府駅から宮城スタジアムまでの約5キロを歩くシールラリーをボランティア主体で実施することに。

キリンチャレンジカップ20130814_07 キリンチャレンジカップ20130814_05

ボランティアインフォでは利府駅近くのシールラリー受付からチェックポイント2までを担当し、合計40人のボランティアさんと一緒に会場へ向かうサポーターにこの日限定の日本代表ステッカーをお渡ししたり、交通誘導を実施したりしました。

キリンチャレンジカップ20130814_15 キリンチャレンジカップ20130814_14

今回のボランティア活動では一般からの募集や県内の高校のサッカー部からの募集でたくさんの方に集まっていただき、ボランティアインフォチームも仙台や関東から来てくれたボランティアさん+仙台三高のサッカー部という構成でした。

キリンチャレンジカップ20130814_11 キリンチャレンジカップ20130814_10

ボランティア経験のある一般ボランティアさんに、若さあふれる高校生というチームは面白かったです。こうやって普段なかなか接点がない人たちが同じ目標にむかって活動するのがボランティア活動の良さの1つだなと改めて思いました。

キリンチャレンジカップ20130814_01 キリンチャレンジカップ20130814_02
キリンチャレンジカップ20130814_13 キリンチャレンジカップ20130814_17
元気ハツラツな頑張りを見せる高校生!

キリンチャレンジカップ20130814_03
経験豊富な馬場くんと若松くんには交通誘導のリーダーをやってもらいました。

キリンチャレンジカップ20130814_12 キリンチャレンジカップ20130814_19
高校生と一緒に事故がないようお客さんをスタジアムまで案内してくれました。

キリンチャレンジカップ20130814_04
チェックテント1では猛暑の中歩いてきてお客さんに「こんにちわ!」と元気よく声がけして、笑顔でステッカーを渡してくれていたのが好印象でした。「スタジアムまでがんばってください!」って元気よく言われたらやる気も出てくる!

キリンチャレンジカップ20130814_06
関東から参加してくれた小泉くんと福ちゃんもナイススマイル!!

キリンチャレンジカップ20130814_16
シールラリーの受付テントでは終盤いらっしゃる方が少なくなり、手持ち無沙汰になったのでバスでスタジアムへ向かうサポーターにみんなで「いってらっしゃーい!」って手を振り、これから日本代表の試合が始まるぞ感を盛り上げました!


18時半頃にシールラリーは終了して、テントを片付け、周辺のゴミを拾いながらスタジアムへ。

試合終了後にはお客さんの帰りのルート案内のサポートもみんなでしました。

キリンチャレンジカップ20130814_09

22時半頃までお手伝いしていただき、キリンチャレンジカップのボランティアは終了しました。

暑い中、屋外の活動で大丈夫かなと思っていましたが、無事終わって良かったです。
想定していたよりも歩いてスタジアムへ行かれる方が少なかったので助かったのかなと。

今回は一般募集のボランティアさんに加えて高校生というチームでしたが、こうしてああしてって言わなくてもメンバー1人1人が「こうした方がいいんじゃない?」ってアイデア出してくれ自発的に動いてくれたのですごく助かりました。

最初はチーム内のコミュニケーションがなかなかとれてなくて、特に高校生は恥ずかしがっていたけど、時間を経つと打ち解けて、ただ与えられたことをやるだけじゃなくて、自分からアイデア出して工夫しながらみんなで活動していき、どんどん良いものになっていくのがボランティア。

今回はそれに加えて、高校生の若いパワーを見せてもらいました!若いってすごい!
またこのチームでできるとステキだなと思います。

キリンチャレンジカップ20130814_08

みんな、お疲れ様でした!!